QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
れろれろ
れろれろ

2014年11月29日

D-boys AKの改装 その6

だいふ形になってきました。

第6回です。



とりあえず全身像。

セレクターをセーフティにいれていないのは、
こうすることによりメカボックスを露出させ、
これがトイガンであるということを主張しているのです。

…決してかけ忘れではありません。

仮に掛け忘れだとしてもバッテリーは接続してません。
いわばハンマーダウンしてない状態なのです。
セーフティが掛かってなくとも、なんら問題ありません。 たぶん。


冒頭から話がそれましたが、今回は内部をいじっていきます。

サンドブラスターで塗装をはがし、皮膜の薄いガンコートで塗装したため。
もともとあったガタつきが悪化してしまいました。

今回は手元にあったステンレス製のシムプレートを使います。



バレルにシムプレートをまいてリアサイトブロックやレシーバーを
プラハンで打ち込んでいきます。
0.05ミリと0.1ミリのシムプレートを使いました。
これ以上の厚さが必要になってくるとガタつきというレベルでは
なくなってくるので別の手段を考えましょう。
それと、無塗装の金属パーツでやるのは、
イオン化傾向での腐食が気になるのでやめたほうがいいと思います。



いまや貴重品となってしまったVFCのリアルダミーボルトを装着しました。
素のままだと、いかにも鋳物といった風体なので、
ヤスリがけと塗装をしています。



バッテリースペースはフォールディングストック内に移動。
スペースの関係上、リポバッテリーしか使えなくなってしまいましたが、
それよりもバッテリーの交換がめんどくさいのが難点です。

メーカーがやらないのも納得しました。


とりあえず外装はこの辺にして、
あとは性能の方をなんとかしていきたいです。

次回へ続く。








同じカテゴリー(AK)の記事画像
D-boys AKの改装 その5
D-boys AKの改装 その4
D-boys AKの改装 その3
D-boys AKの改装 その2
D-boys AKの改装
同じカテゴリー(AK)の記事
 D-boys AKの改装 その5 (2014-11-03 22:14)
 D-boys AKの改装 その4 (2014-10-13 21:35)
 D-boys AKの改装 その3 (2014-08-17 14:01)
 D-boys AKの改装 その2 (2014-08-13 21:27)
 D-boys AKの改装 (2014-07-26 20:38)

Posted by れろれろ at 21:50│Comments(0)AK
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。