QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
れろれろ
れろれろ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2014年11月29日

D-boys AKの改装 その6

だいふ形になってきました。

第6回です。



とりあえず全身像。

セレクターをセーフティにいれていないのは、
こうすることによりメカボックスを露出させ、
これがトイガンであるということを主張しているのです。

…決してかけ忘れではありません。

仮に掛け忘れだとしてもバッテリーは接続してません。
いわばハンマーダウンしてない状態なのです。
セーフティが掛かってなくとも、なんら問題ありません。 たぶん。


冒頭から話がそれましたが、今回は内部をいじっていきます。

サンドブラスターで塗装をはがし、皮膜の薄いガンコートで塗装したため。
もともとあったガタつきが悪化してしまいました。

今回は手元にあったステンレス製のシムプレートを使います。



バレルにシムプレートをまいてリアサイトブロックやレシーバーを
プラハンで打ち込んでいきます。
0.05ミリと0.1ミリのシムプレートを使いました。
これ以上の厚さが必要になってくるとガタつきというレベルでは
なくなってくるので別の手段を考えましょう。
それと、無塗装の金属パーツでやるのは、
イオン化傾向での腐食が気になるのでやめたほうがいいと思います。



いまや貴重品となってしまったVFCのリアルダミーボルトを装着しました。
素のままだと、いかにも鋳物といった風体なので、
ヤスリがけと塗装をしています。



バッテリースペースはフォールディングストック内に移動。
スペースの関係上、リポバッテリーしか使えなくなってしまいましたが、
それよりもバッテリーの交換がめんどくさいのが難点です。

メーカーがやらないのも納得しました。


とりあえず外装はこの辺にして、
あとは性能の方をなんとかしていきたいです。

次回へ続く。



  


Posted by れろれろ at 21:50Comments(0)AK

2014年11月03日

D-boys AKの改装 その5

初期の構想とは完全に別方向に向かってます。

第5回です。




TWIのB-10Mレプリカを買いました。
露軍でよく使われているB-10ではなく、B-10Mなのは
こだわりが無いなりのこだわりと申しましょうか…

まあこっちのが自分好みだっただけですね。

このレプリカは、何用とか特に書かれていなかったのですが、
D-boys AKに取り付けるには、レシーバー側がゆるゆるでした。
それにクリーニングロッドの通る場所がふさがってます。



とりあえずクリーニングロッドの通り道を作り、
アルミをオートウェルドでくっつけて、削って調整しました。

おそらくLCT系(ガーダー系)のAK向けの作り
なのでしょう。



左 LCT 右 D-boys


VFC系 マルイ系に付けようと考えてる方は留意ください。


さらに近代的なAKっぽくするためにレシーバー左側に
リベットを追加しました。



現行の純正AKは画像のようにリベットが追加されているのですが
なんのための追加だかいまいちわかっていません。 

海外のAKユーザーやマニアによると、
ボルトの開閉を補助するのが目的ではないのか?とか
ダブルフィードの際、
弾薬がロッキングリセスに噛み込まないための物だとか
いわれていますね。

こうゆうのってメーカーからアナウンスとかないんですかね?
64式とか89式のような軍用
法務執行機関用の銃が小改良しても
外部にアナウンスしないのはわかりますが、
AKは民間用も販売しているわけですし…
まぁ買わない(買えない)人間の言うことじゃないですね。

話がそれましたが
さらに細部にこだわろうと思い、
KSCのAK74Mのマガジンキャッチとチューブレバーを
注文したのですが…



残念ながら微妙にサイズが合いませんでした…


いいさ!亜鉛だかアルミだかよくわからないパーツよりも
形状が違えど鉄パーツのが良いにきまってる!

…と、すっぱい葡萄になってる所で今回は終わりです。

次回へ続く。





  


Posted by れろれろ at 22:14Comments(0)AK

2014年10月13日

D-boys AKの改装 その4

いつのまにか前回の更新から2ヶ月もたっていました…

第4回です。

今回は本体を塗装します。



ガンコートのグロスブラックを塗装します。

焼付けはストーブにドラム缶をかぶせた簡易オーブンでおこないます。
約170度で一時間。



石油ストーブにドラム缶をかぶせてスモーカー用の
温度計をさしただけのまさに簡易オーブンです。
缶内の温度は均一では無いでしょうが、
十分に用途ははたせるのであまり気にしてはいけません。
気になる人は素直に業者に頼みましょう。

焼付けが終わったら耐熱シルバーで本来
クロームメッキをしてある場所を塗装します。
そしたらさらに焼付け。



横着して焼付けを一度にすまそうとしてはいけません、
塗装にヒビが入ってしまいます。(経験済み)

フロント仮組み。



まるでVFCのAKのようだぁ…

今回は短めですがこのへんにしときます。

次回へ続く。






  


Posted by れろれろ at 21:35Comments(0)AK

2014年08月17日

D-boys AKの改装 その3

散りゆく友(下手にいじって壊したトイガン)に未練などぉ~♪ 
ないさ俺たちは D-boys♪

第3回です。

前回書き忘れたネタですが、
D-boysのAKはスポット溶接の跡がAKらしくないので
ネジで加圧してそれっぽい跡を付けます。




続いて、AKMっぽいリアサイトブロックをAK74っぽく加工します。

まずは邪魔なガスチューブ用レバーを外します。

適当なスパナをあてがって…



カシメてあるくぼみにイモネジを挟んで、Cクランプで締め込みます。
レバーは再利用するので丁寧に外します。
本当は加熱して外した方が良いのでしょうが…暑いからね!



後はヤスリで面を整え、リューターで形を整えます。
ヒケが結構あるので
クレの耐熱ペイントをサーフェイサー変わりに使いました。






最後に塗装して完成。



塗装はガンコートのグロスブラックを使いました。



このままAK105でいくのならレバーも整形したいですね。

次回へ続く。
  


Posted by れろれろ at 14:01Comments(0)AK

2014年08月13日

D-boys AKの改装 その2

I'm not D-boys. 誰だってBOYを捨てるときがくる…

私の記憶が確かなら、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの言葉だったか
ネオジオポケットのキャッチコピーだったと思います。

何が言いたいかというと、私にとって今がその時だということです。



とりあえずサンドブラストをかけてから丸リベットを外しました。

D-boysのAKに使われいる丸リベットは、
いわゆる低丸リベットと言われるもので、
実際のAKに使われている丸リベットに比べてボリュームに欠けます。

そこで今回用意したのが…



八幡ねじ製の鉄丸リベットです。キロ単位での購入になりますが、
さして高い物ではないのでしょうがないですね。(1キロ753円)

本当はカシメるのが楽な中空鉄丸リベットが欲しかったのですが、
見つからなかったので自分で加工することにしました。






ステンレスの棒をCの字型に加工してリベットを把持する冶具を作り
ドリルで穴を開けます。

そして前回作った工具を使ってリベットをカシメていきます。



実はこの工具、
カシメてあるリベットを外すことも出来るよう作ったのですが
2、3個外した時点でドリルを使って外した方が早いと気づきました…




チンタラ作業してたら随分と錆びてきました…


次回へ続く。


  
タグ :AK


Posted by れろれろ at 21:27Comments(0)AK

2014年07月26日

D-boys AKの改装

最近、AK熱が再燃しE&LのAK74を買ったのですが…
このAKがなんというか、雰囲気イケメンというか、AK74のコスプレをした56式というか…
まあ気に入らなくて早々と手放してしまったんですね。

気を取り直し、AK74ならVFCだろうと思って探したのですが
案の定、どこにも売ってませんでした。再生産の予定も今の所無いようです。

結局、なんだかんだでD-boysのAK105(RK-08S)を購入しました。



D-boysのAKはロットにより出来不出来があるようなのですが、
最近のはあまり良くないみたいですね、
私の個体で気になったところは



リアサイトブロックがAKMタイプの物になってますね。
以前はAK74タイプが付いていたはず。
最近日本に入ってきたD-boys AKのスチールバージョンは皆
このタイプのリアサイトブロックの様です。
スチール製のリアサイトブロックを使い分けるメーカーは希少だったのに
残念です。



トラニオンが無刻印です、
今までならツーラ造兵廠の刻印と製造年度 番号がはいっていました。
AK100系統にツーラ刻印など邪道!
という人なら良いかもしれませんが
AKS74に改装するつもりだったのでこれも残念な点です。

他にもストックロックボタンが亜鉛だったり、
ボルトキャリアーがアルミだったり…
以前に比べ値上がりしたのにこの出来ではあんまりですね、
しょうがないので自分でちょこちょこ手を加えていきます。

まずは工具を自作します。






炭素鋼を切削して雌ネジきって油で焼入れし
イモネジを加工してて完成。
ホントは炭素工具鋼を使いたかったのですが、
そこらの端材で済ましてしまいました。

わかる人にはわかるでしょうが、
何の工具かは次回へ続く。



  
タグ :D-boysAK-105


Posted by れろれろ at 20:38Comments(0)AK