QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
れろれろ
れろれろ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2013年05月04日

TOP M16 初速調整

「内部はいじらず使うと約束したな。」



「そ、そうだ大佐、た、助けてくれ」

「あれは嘘だ」


「ウギャァァァァァァァァァ・・・」

戯れは、さておき、
以前、内部はノーマルのままで行くと書きましたが。
ザバゲで使うには、やや能力不足、
M4と比べても、低めに初速が設定されています。
(M16で80m/s前後、M4で85m/s前後、ともに0.2g)
検証も兼ねて、今回はスプリングを交換してみたいと思います。

用意したスプリングはこちら。


上から
TOP M4 初期ロットスプリング
謎のトレポンスプリング M110 エアボーンで購入
メーカー不明のトレポンスプリング M95 ネットで購入
PDI マルイL96用太径スプリング M90
TOP M16 純正

M4スプリングは参考に並べて置いただけで、
サイズが違うので、使えません。

謎のトレポンスプリング
マルシン エアコキモスバーグに使えないかな、
と、買って置いたトレポンスプリング。(実際は、使えませんでした。)
外径はM16と同じ12.5mmですが、
内径が細く スプリングガイドに入りはするものの、
動きが渋く、組み込み断念。

メーカー不明のトレポンスプリング 
特に問題もなく組み込み可能、
0.2gで、85m/s前後

PDI マルイL96用太径スプリング
外径が12.8mmとやや太く、
組み込めるものの、動きが渋い。
ピストン内の小研磨をして、計測。
0.2gで、82m/s前後
クリアランスを広く取れば、
ピストンスピードが上がって、
もっと上がるかもしれません。

TOP M16 純正


先端に真鍮の錘を作成して取り付け。
0.2gで、78m/s前後
錘との相性は良くないみたいです。

色々試しましたが、どれも微妙ですね。
で、結局


アルミでカラーを作成し、
メーカー不明のトレポンスプリングにはかせました。
0.2gで、92m/s前後 飛距離も良好。
これでマルイの電動ガンとでも対等に撃ちあえます。リアカンなら。

今回の検証を踏まえると、トレポン純正M100スプリングあたりが、
ポン付けで、良いような気がします。
パーツメーカーが専用のを出してくれるのが一番なんですけどね。









  
タグ :TOP M16TOP M4


Posted by れろれろ at 15:23Comments(0)TOP M16

2013年02月25日

TOP M16 モーターテスト






youtubeでアカウントをとったので、
せっかくだから動画を作ってみました。


感想としては、
マルイのモーターは優秀ですねぇ。
EG1000が一番カートの飛びが安定しています。
耐久性や燃費を考えると、純正が一番なんでしょうが、
純正のT1300の値段の半額以下の値段で、
EG1000が買えることを考えると、
T1300の代用品としてEG1000も良いのではないでしょうか。
  
タグ :TOP M16TOP M4


Posted by れろれろ at 19:44Comments(0)TOP M16

2013年02月23日

アウターバレル制作


肉厚のアルミパイプを購入したので、
卓上旋盤の練習がてら、
アウターバレル制作に挑戦してみたいと思います。


A5056TD 外径20mm肉厚5mm 30cm
A5056TD 外径24mm肉厚4mm 30cm
一本時価700円ぐらい。



卓上旋盤の性能もあり、3ピースで作成
タイトに削ります。






ストーブで熱して、圧入。

今回、塗装はガンコートを使います。


ガンコートとは、
米軍指定塗料であり、銃の塗装に使われる塗料でです。
耐熱、対油、耐溶剤、耐薬品、高放熱性、高価格、皮膜強度9h
ロマサガ2のワンダーバングルの様な、高性能っぷりで、
日本だともっぱら、エンジンや
ブレーキキャリパーの塗装に使われています。
私も雑誌モトメンテで知り、バイク用に購入していました。



焼付塗装ですが、完全硬化に一ヶ月かかる塗料より
手っ取り早くて良いとおもいます。






強度向上のために、アウターバレル基部を包むように
テーパー状に加工しています。






RASの隙間から覗く放熱フィン、これがやりたかった…  
タグ :TOP M16


Posted by れろれろ at 18:13Comments(0)TOP M16

2013年01月19日

TOP M16 その2

前回の続きです。
結局、ノベスケタイプのガスブロックを装着することにしました。

M16A1はバレルが細いので、M4用のガスブロックでは、
ひと工夫必要になります。



バレルの外径17mmの所に外径19mm肉厚1mmの
アルミパイプを被せました。



なにか寂しいので放熱フィン的なものを追加してみます。
バレルは切り詰めて14mm逆ネジを切りました。



ガスブロック前方のネジ穴を6mmに拡大し、



イモネジでRASと共締めします。

実銃ならともかく、エアガンでフリーフロートだと強度的に不安が…
長物ならなおのこと、なので今回のような仕様にしました。
ぶつけてバレルがポッキリ逝ってしまうのは、悲しいですからね。



とりあえず外装は完成です、内部に関しては、
カスタムしたM4と比較用に
しばらくノーマルのままにしておきます。

次はM16と比べ、作動音のうるさいM4をなんとかしたいですね。

  
タグ :TOP M16


Posted by れろれろ at 22:27Comments(4)TOP M16

2013年01月11日

TOP M16

去る1月6日、都立産業貿易センター浜松町館にて
催されたブラックホールにいってきました。

特にこれといった目的はなかったのですが、
友人に誘われて行く事に、そこで…


 


相場より5千円近く値引きされていたのでついつい買ってしまいました。
返す刀で、5千円で売っていたnoveskeの12インチRASを購入。

家に帰り、装着を試みます。
嫌がらせのように硬いフロントサイトのピンを
親の敵の如くプラハンとポンチで叩き、フロントをバラします。

バレルナットを装着

 
 

0.3ミリのシム3枚でいけましたが、ホップダイヤルが…

予想通りなので気にせず進みます。

家にあったマグプルPTSのPRSストックを装着



M4に比べ、太く長くなっている配線ですが、無加工でTOPM4用バッテリーと収まりました。
写真は配線が押し込めやすいように、パイプの溝を拡大してあります。

後は手元にある小物を付けて一応の完成。




あえて旧式の銃カスタムして使う俺カッコイイ感を醸し出していますね。




ガスブロックどうしましょう…  
タグ :TOP M16


Posted by れろれろ at 20:17Comments(0)TOP M16